トップ

工業の仕事に内容について

工業に関連するお話

種類

工業に対するイメージについて

工業のイメージというと、あまり良いものではないと思う人もいるようです。町工場で働いているおじさんというイメージを持つ人もいるようですが、実は現代の工業は全く異なります。機械化が進んでいますから、実際に製造をしているのは機械で、人はそれを操作しているというのがだいたいの感じです。もちろん規模によって異なりますが、実際に人間が手を加えるのはごく一部であると言わざるを得ないでしょう。たとえば、最後の仕上げをするときに手で研磨するといった形で行われることが多いです。効率化を勧めるために、多くの部分が機械で行われています。

イメージとはズバリ工場

工業のイメージといえば、ズバリ、その象徴ともいえる工場であると言うことができるでしょう。工場という製造所こそが、この産業の拠点であると同時に、それはこの産業を象徴するものともなっているわけで、かつてこの産業が誕生した当時、それは、もくもくと煙を吐く煙突というものによって象徴されていたものでした。このために、何本かの煙突を並べたマークが、今でも工場のシンボルマークとして使われているのです。もちろん、現代の工場は、もはや煙を吐く煙突を持つ施設ではなくなっているのですが、この工場という製造所が工業のイメージであることは、変わることのないものなのです。

↑PAGE TOP